ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

新卒として社会に出て1週間を終えた感想

f:id:dd-hamaji:20190131235449j:plain


 

 

新卒として社会人になり、あっという間の1週間でした。

いろいろ感じたことがあったので忘備録も兼ねて記事にしてみます。

就活生やその他学生の子たちの参考になればと思います。

 

 

定時前退社の初日~2日目

 

2019年4月1日。

おもしろくもなんともないエイプリルフールツイートが飛び交うTLを尻目に初出社。

 

言うまでもなく不安で胸がいっぱいでした。

同期もいなければ何をするかの事前情報も皆無。

唯一知らされていたことは給与通帳を作りに行くことだけ。

 

満員電車の中で憂鬱になりながら始業10分前に到着。

結論から言うと驚くほどあっけなく社会人初日が終わった。

 

初日にしたことをザックリまとめるとこんな感じ。

 

・社内オリエンテーション

・ランチ

・通帳作成

 

え、これだけ?って感じです。

13時半以降は会社にいませんでしたし17時半頃には家にいました。

 

唯一辛かったことと言えば通帳作成のために走り回ったことくらいですかね。

あの銀行員は一生恨むぞというくらいそこら中をたらい回しにされました。

 

そんな感じで4月1日は終わり。

「新元号は令和だって~~」

「あ、そうなんですか~」

って感じで就業時間内にこんな会話をする程度にはゆるかったです。

社員の少ない会社に入社してよかったなとつくづく思いましたね。

 

 

そんなこんなで4月2日。

結論から言うと初日以上に緩くて楽しかったです。

 

HTMLとCSSを触って自習をして16時に帰宅。

 

たったこれだけです。

 

いい会社に入ったね。

 

 

怒涛のビジネスマナー研修

 

覚悟していた社会に肩透かしをした2日間と裏腹に、3~5日目は本当につらかった…。

ついにビジネスマナー研修が始まってしまいました。

 

外部企業の新入社員と一緒に受けることになっていたので一駅隣の企業へ。

そこでは始業と同時に朝礼や3分間スピーチが繰り広げられ、研修開始前から既に吐き気が止まりませんでした。

 

研修内容自体は過激なものはなく、所謂普通のビジネスマナー研修といった感じでした。特筆すべき点はないです。

文字に起こしてみるとこの研修内容のどこにも怒涛要素はないので完全にタグ詐欺ですね。

 

既に形成されているコミュニティの中へ飛び込むのは勇気がいるなと思いました。

転校生の気分を味わいましたね。世の転校生の子たちはすごい。

 

 

ビジネスマナー研修の講師にコミュ力を褒められたけどなんだか複雑でした。

 

そんなビジネスマナー研修でした。

 

 

結局何がつらかったんだろう

 

本来であればつらかったことを永遠と愚痴ってやろうと思っていたわけですが、いざ文字に起こしてみたら意外と大したことなかったわけです。

じゃあ、なんでこんなにつらかったんだろう…?

 

僕の考えた答えは1つだけでした。

 

新しい環境での新生活に慣れてないから。

 

たったこれだけ。

 

きっとあと1週間もしたらこの生活にも慣れていくんだろうなと思います。

当然研修が終われば実際の業務に飛び込んでいくわけで、また今とは違った辛さが待っているんだけど。

 

何かあればSNSで拡散されるご時世なので、ブラックな研修はほとんどないのかなというのが僕の感想です。

いい時代に生まれてよかったね。

 

まとめ

 

慣れてしまえば案外楽。

 

 

でもやっぱり社会になんて慣れたくないなぁ。。。

 

 

以上。