ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【日記】この1か月の僕の生活をまとめました【報告】

 

f:id:dd-hamaji:20190127151648j:plain

 

 

皆さんお久しぶりです。ふくたです。

時の流れというものは本当に早いもので、気が付けば最後にブログを更新してから1か月が経過していました。

 

前回の記事では社会人として1週間を過ごした感想を述べただけだったので今回の記事は結構なボリュームになるかと思います。

お時間のある人はゆっくり読んでもらえたらなと思います。

 

それではいきます。

 

 

お仕事の話

 

ビジネスマナー研修を終えた僕はそのまま技術研修を受けました。

SQLやアルゴリズム、HTMLといったプログラミングをする上での基礎の基礎ですね。

 

SQLやアルゴリズムは高校の時に受けた基本情報技術者試験の範囲だったから勉強こそしていたものの、やはり7年前ともなれば知識は皆無。一から勉強し直しました。

習うより慣れという言葉もあるように、テキストを読むだけではイメージできなかったものも実際に触れて扱うことでこんなにも理解度に差が出るのかと痛感した研修でした。

 

HTMLは基礎の基礎の内容だったので正直新しく学んだことはありませんでしたが、良い復習にもなりましたね。

 

GWを終えると次はJavaの研修に入ります。

全くの未知の分野なので楽しみです。

 

 

一か月のお仕事の内容はこんな感じでした。

将来自分はプログラマーとして働くんだという明確なビジョンが見えてきました。

この業界はとにかく鮮度が命ということで勉強が欠かせないので慢心せずやっていきたいなと思っています。

 

音楽の話

 

最近音楽が楽しくて仕方がありません。

 

平成最後の日にはとあるライブハウスで所属バンドのMVを撮影して、GW最終日には音源のレコーディングが待っています。

MVが公開されたら記事にもするのでぜひ見てくださいね!!!

 

このバンド以外にも新たにバンドを組む予定で動き始めています。

今から楽しみです。

 

 

個人での活動も充実しています。

ブログ更新をする間も惜しんでひたすら曲を作っていました。

 

↓↓↓そうしてできた曲がこちら↓↓↓


華になれ / 重音テト

 

この曲に今の僕の気持ち全部が詰め込まれています。

今回の曲からはそれまで投稿していたニコニコ動画から主戦場を完全にYouTubeに移しました。

これは僕の中での挑戦でもあります。

 

正直ニコニコ動画は広告をある程度打ってしまえば4桁再生はすんなりいきます。

内容がよければコメントもマイリスもついていい感じになります。

たぶん今回の曲は今までで一番いい反応をもらえていたと思います。

 

でも、それじゃダメなんです。

ニコニコ動画でいつまでやっていても将来のためにならないんですよね、僕の場合は。

 

YouTubeチャンネルの収益化だったりバンド活動へ結びつけての集客とかがニコニコ動画ではどうしてもできない。

視聴者の母数も圧倒的にYouTubeの方が上回っていますし気軽に誰でも見ることができます。

 

将来性も加味してみるとニコニコ動画に縋る理由はどこにもないなと思いまして、YouTube一本でやっていくことにしました。

 

 

Twitterでは大好きな大好きな絵師さんなどにもフォローしてもらえたり、初めて100いいねを突破したり(5月5日現在195いいね)とても好調です。

本当にめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

今後の可能性を今回の曲で見出せたような気がしました。

 

 

機材を新調したり、動画や挿絵を好きなクリエイターさんにお願いして作ってもらうことで今後は今まで以上に質の高い作品が出来上がるでしょう。

 

僕は駆け抜けていくつもりです。

今までは迷いがあったんですけど、清々しい気分です。

 

そんな感じです。

 

プライベートと今後の話

 

ここからくっそ長いです。

 

 

学生時代の先輩同期後輩に恵まれて、何だかんだで毎週のように誰かと会ってはお酒を交わして近況報告などしていました。

 

毎日強制的に規則正しい生活を強いられ、そんな鬱憤を晴らすかのようにお酒を飲んで慰め合って…

 

 

 

あぁ、これが社会人ってやつか…

 

 

全然楽しくねぇな

 

 

 

何なんでしょうね。

あんなに大好きだった知人たちとのお酒の場が楽しくないんですよね。

嫌いになったとかではなく、むしろ好きなんですけど。

 

ちょっと例を出します。

小学生の頃って当然お酒も飲めないですし夜更かしもできなかったじゃないですか。

でも毎日楽しかったですよね。

休み時間も放課後もとにかく外で遊んで18時くらいに家に帰って22時くらいに寝る生活です。

 

中学生の頃は何もいい思い出がないので割愛します。

2年生の後半でアニメやラノベ、ニコ動にどっぷり浸かってからは楽しかった気がします。

 

高校生の頃だと楽器を始めてみたり、同じ趣味の友達と語り合ったり、ささやかながらに恋愛をしてしょっぱい想いをしたり…

 

 

とまぁこんな感じに歳を重ねるにつれて楽しみ方って変わってきますよね。

ついこの間まで大学生だった僕は気の知れた友人たちとの何気ない会話や音楽を共にすることが楽しみだったわけですが、少しずつ変わってきているのを実感しました。

 

 

学生時代から薄々感づいてはいたことだったんですけど、何となくで生きていたり疑問に思うことなく当たり前のように仕事(バイト)をしている人が大半なんですよね。

決して嫌味とかではなく。

 

小学校→中学校→高校っていう進路を当たり前のように辿ってきたら定職に就いて定年まで働き続けるっていう思考はむしろ当然であると僕も思います。

 

僕は過激派なインフルエンサーのように「正社員は古い!」とか言うつもりはなくてですね、それまでと同じように受動的な選択を繰り返す人に魅力を感じなくなってきたんですよね。

 

 

つまり何が言いたいかというと、社会辛いとかお金欲しいとか虚無とか、ただそれを言うだけで何もアクションを起こさない人といても1mmも楽しくないなと思い始めてきたんですよね。

 

本当にそう思うなら個人で事業を起こすとか副業するとか転職するとか休日に生産性のある趣味をするとか、いろいろ選択肢はあるわけじゃないですか。

 

ふーん、で、何かしてる?

 

いやぁ………でもなぁ…………

 

おもしろくねぇなぁって思います。

 

 

学生時代、僕は誰よりも一人の時間が好きでした。

理由は簡単で、自分のしたいことに注力したいからです。

飲み会後の店の前で駄弁るその時間一分一秒が惜しかったんですよね。

 

今でもこのスタンスは変わっていません。それどころか一層強くなりました。

元々人間関係のリセット癖があるのもそうなんですけど、これ以上そんな人たちと関わっていても自分のプラスになることはないんですよね。

 

ジャンルこそ違えど、何か目標があってそのために活動している人と一緒にいたいんですよね。

そういう人って共通して活力がありますし刺激にもなりますからね。

全然競合する分野でもないけど、あいつも頑張ってんだから俺も負けてらんねって思いますもん。

 

頑張っている人ほど忙しいし駆け出しの時こそお金もないし自分独自のノウハウも皆無なもんで、しんどい思いをしているはずなんですよ。

なのに誰よりも充実しているように映って見えるし当然本人も充実しているんですよね。

 

どっちと関わりたいかなんて言うまでもないですよね。

学生時代そんな人間が周りにはなかなかいなくて後ろ指指されんなーって感じることもありました。たぶん実際そうでした。

それくらいマイノリティな環境から脱出できた今、いつまでもそこに居座る必要もないでしょう。

 

決してディスっているわけでも下に見ているわけでもなく、生きていくコミュニティが違うっていうただそれだけの話です。

クラブ通いのお姉さんがパソコン大好きな男とくっつかないように、料理好きな人はその独自の界隈でコミュニティを形成していくみたいな感じ(知らんけど)

 

 

独立?へー、いいじゃないすか

えー、やば笑

絶対失敗するやろww

 

こういう外野からの野次(本人たちがそのつもりはなくとも)は聞き飽きたよね。

お互い違う道で生きていこうなってだけの話なんでね。

 

まぁ過敏になることもあるんですけど、今までの経験上所謂アンチは2割、熱心に応援してくれる人も2割、残り6割は大体が無関心みたいな感じなんで気にせず自分の好きなことに全力で突き進んでいけばオッケーよ。

 

 

まとめ?

 

後半はそれはもうめちゃくちゃに書きなぐってやりました。

僕個人としてはやっぱり大人になっても(むしろ大人だからこそ?)目標があってそれに向かって頑張ってる人が大好きなんですよね。

 

そういう人が身の回りに少しでも増えてくれたらなって思うし、そう思ってもらえるように背中を見せつけてやりたいなと。

頑張らないとね。

 

 

 最後に。

まだ踏み出せていない人たちに臭いこと言って終わります。

 

一足先に向こうで待ってるよ。

俺は音楽してるからさ。

まぁ、暇なときにでもいいから聴きに来てや。