ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【Googleアドセンス】ブログ開設3週間でアドセンス審査を通過した僕が行ったこと

f:id:dd-hamaji:20190128044911j:plain

 

先日、Googleアドセンスの審査に無事通過することができました。

ありきたりな内容にはなりますが、今後Googleアドセンスの審査に出したい方や審査に落ち続けている方がいましたら少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

経歴


まず、このブログを開設したのがちょうど今日から一か月前の1月12日になります。

その後初めてのアドセンス申請を出したのが1週間後。

当時の記事数は10~20記事あたりだったと思います。

 

審査に通過したのが2月9日の深夜。

f:id:dd-hamaji:20190212192425j:plain

 

この時点での記事数は30数記事ですね。

審査には合計で4回出していて3回落ちています。

この過程で何をしてきたのかを順に書いていきます。

 

やってきたこと、意識したこと

 

ここは長々と書いても仕方のないことなので箇条書きで端的に書きます。

 

・プライバシーポリシー、お問い合わせページ作成

・グローバルメニューの充実化

・記事作成

・一記事当たりの文字数

・記事の内容が有益であるかどうか、過激ではないか

 

これくらいです。

いろいろなアドセンス対策の記事を見ているとアフィリエイトリンクや動画、写真の有無が審査に影響してくるという内容が見受けられましたが、実際はそんなことはないのかなというのが僕の感想です。

 

事実として僕のブログにはアフィリエイトリンクこそ貼っていないものの動画や写真は大量に載せていましたがこうして審査に通過することができたのであまり関係ないように思いました。

 

それよりも大事なのは記事数や記事の内容だと思います。

 

3回審査に落ちたと書きましたが、その時点では既にグローバルメニューを設置していましたしプライバシーポリシーなどのページも作成済みでした。

それでも落ちてしまうのです。

 

つまり、記事が充実していなければGoogle側はあなたのブログに広告を貼る価値がないと評価されてしまうのです。

 

記事の数が多くても字数が少なかったり内容があまり有益ではなかったり、規約に反する過激な記事を取り扱っていたりするとGoogle側からも評価は得られません。

 

少し考えてみればわかることですが、人の集まるところに広告を打つことで初めて効果が表れるのであり、わざわざ人のいないところにGoogleが広告を掲載しようとは思いませんよね。

 

なので、小手先のテクニックでどうこうなる問題ではなく、愚直に良い記事を量産していくことが結果的に最短で審査合格につながるのではないかと僕は考えました。

 

プライバシーポリシーなどのページは作った方がよい・よくないの話ではなくて『あって当たり前』の物なんですよね。

それを作るのを拒んでいるようでは信頼性にも欠けますし、その労力を割けない人間なのだと見なされるのでGoogle側からは認めてもらえないんじゃないかな…?と。

 

まとめ

 

審査に通りたいと焦って何度も申請を出しても意味がないので、まずは記事を量産しましょう。

グローバルメニューの設置やプライバシーポリシーなどのページは作ってあって当たり前の物なので一刻も早く作りましょう。

調べれば設置の仕方など大量に出てくるのでサクッと作っちゃいましょう!

 

審査に通過したからと言ってもそこがゴールではなく、スタートラインです。

一緒に頑張っていきましょう!

 

それではまた。