ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【初心者向け】初期費用の一番安い楽器はドラムだった

f:id:dd-hamaji:20190222163622j:plain

 

バンドに憧れて何か楽器を始めたいと思う人はお金の面で悩むことがあるかと思います。

そこで新しくドラムを始めたいと思っている人には朗報です。

生ドラムや電子ドラムを買う必要はなく、千円ちょっとのスティックと練習パットさえ買えばオッケーなのがドラムの良い点だと思っています。

そんな理由を書いていきたいと思います。

 

 

 

初期費用を抑えられる理由

 

なぜドラムがギターやベースと違って初期費用が一番安いのか説明します。

例えばギターを始めたいと思ったら当然ギターを買わなければいけません。

 

でもドラムだったらスティックと練習パットさえ買ってしまえば問題ありません。

なぜでしょうか。

 

 

それは、ドラムはイメージで練習をする楽器だからです。

 

 

???????って感じですよね。

 

隣の家まで1kmくらい距離がある田舎だったら自分の家にドラムセットを置いて練習できるかと思うんですけど恐らく大半の人はそんなところに住んでいないですよね。

 電子ドラムも打音がうるさいので賃貸マンションに住んでいる人は苦情来ますしね…

 

なのでドラマーはエアドラムをしながら頭の中でドラムセットを叩いて練習しているんです。

要するにイメトレがメインです。

 

なのでスティックと練習パットを買ってしまえば解決してしまいます。

二つ買っても5000円以下で済んじゃうのでお得です。

 

ある程度金銭的余裕がある人はペダルやスネアを最初から買ってもよいかと思いますが、そうじゃない人は自分専用の機材が欲しい!となるまでは買わなくてもよいかなと。

 

ギターやベースだとイメトレではどうにもならないので本体を買わないと話になりませんが、その点ドラムは楽ですね(´∀`)

 

ドラマーの練習方法

 

じゃあどうやって練習するの?って話です。

具体的にはドラムセットの置いてあるスタジオへ入って練習をする方法家での練習があります。

 

スタジオでの練習は想像どおり、ドラムセットを実際に叩いて練習をするだけなのでここでは詳しい説明は割愛します。

(ちなみに料金はスタジオにもよりますが、大体1時間で500~1000円くらいです)

 

 

基本的に家での練習は2つあります。

 

練習パットを使った練習

練習パットにスティックをひたすら叩きつづける地味な練習になります。

そもそも練習パットってなに?ってなると思うので僕の持っているものを貼ります。

f:id:dd-hamaji:20190222165113j:plain

 

こんな感じのものです。打面はゴム製です。

直径は20センチくらいなので省スペースです。

 

これにバコバコとスティックを叩きつけて自分の体にスティックを握る感覚を養います。

ただ漠然とやっていても上達は見込めないのでYouTubeでいろんな動画を参考にするとよいかと思います。

 

youtu.be

 

この人の動画は全てが非常に参考になりますのでチャンネル登録必須です…!

 

ちなみに練習パットはスタンド式のものが良いと言われていますが、場所を取るので何でもよいかと思います。

 

 

イメトレでの練習

イメトレと書きましたが実際にはエアドラムも含まれます。

 

例えば、叩いてみた動画を見て実際に体のどこのパーツが使われているのかを視覚的に判断しながらそれを自分でも真似てみる、といった感じでしょうか。

 

ドラムは楽器というよりもダンスに近いのでこの練習はめちゃくちゃ大事だと僕は思っています。

 

とはいえ、最初は何をやっているのかさっぱりわからないこともあるかと思います。

なので叩いてみた動画の再生速度を落として目で動きを追っていきましょう。

 

慣れていけば動画に頼らなくても曲を聴いただけである程度コピーができるようになるので日頃からドラムに意識して曲を聴いてみるとよいかと思います!

 

まとめ

 

・ドラムを始めたい人はスティックと練習パットさえ買えばオッケー

・基本的に家での練習がメイン

・動画を参考に練習すると良い

 

大体こんな感じです。

 

ちなみに、スネアやペダルも他の楽器に比べるとかなり安いのでやっぱりドラムはお金がかからなくて最高ですね。

 

それではまた。