ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマー(予定)が音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【ドラム】ツインペダル購入のタイミングは早い方がいい説

f:id:dd-hamaji:20190121120217j:plain

今回はドラマー向け記事です。

ツインペダルを使いたいけどある程度シングルペダルを使いこなしてからの方がいいの?って疑問に答えていきます。

ツインペダル購入を検討している人、ドラムを始めたての人はぜひ参考にしてください。

 

 

理由

なぜツインペダルの購入は早い方がよいのか理由を説明します。

 

 通常通りのセッティングであれば、バスドラムを踏むのは右足です。

ドラムを始めたての人であれば右足と左足の器用さに差はそんなになんですよ。

練習を重ねていくうちに上達していきますので、右足はドンドン器用になっていきます。

ということは、右足に比べて左足はほとんど成長しないんですよ。

 

左足だって使うじゃん。ハイハットペダル踏んでるよ?

 

確かに左足だって使ってはいます。

ですが、左足はあくまでもハイハットを踏む左足であって決してバスドラムに対応していないんですよ。

つまり、左足はハイハットに特化した仕様になってしまっているわけなんです。

 

ドラム歴が長くなるほど、ドラムが上達するほどその左足はハイハットをコントロールするのに最適化されていきます。

バスドラムとハイハットでは同じ踏むという工程でも求められるスキルは全く異なります。

 

少し考えてもらえたらわかると思いますが、バスドラムを踏む際に繊細なコントロールは必要でしょうか?

ハイハットを踏む際に一瞬のインパクトは必要でしょうか?

 

とはいえ、時と場合によってはそれらを使い分けていくことも必要にはなってきます。

ですが、基本的な用途としては右足と左足の使い方は正反対だということはもう明確ですよね。

だったら左右の差がないうちにツインペダルを導入して左足にバスドラムを踏むという感覚を身につけさせておきましょうというのが僕の考えです。

メリット・デメリット

ツインペダルの早期購入におけるメリット・デメリットについて話します。

まずはメリットから。

メリット

①後から矯正する手間が省ける

僕自身ツインペダルに乗り換えてから左足をバス用にシフトする際に非常に苦労した経験があります。

もっと早く導入していたら矯正に費やした時間を別の練習に充てることもできたのにと後悔したので、ツインペダル導入に渋っている人は一刻も早く取り入れてほしいというのが僕の願いです。

 

そもそもバス用のペダルとハイハット用のペダルでは構造も違うため踏み方が全然違うんですよね。

ハイハットの踏み方に慣れると、いざ左足でバスを踏もうにも音がうまく鳴ってくれません。

 

時間を無駄にせず効率よく練習したいという方はぜひ早期購入をオススメします。

 

②左足でも『踏む』という意識を持つことができる

左足って『踏む』というより『置いている』意識になっていませんか?

ハイハットのオープンクローズの時以外はペダル上に足を置いている程度の認識なんじゃないかなと思います。

 

これがバスドラムになるとどうでしょう。

ちゃんと音を鳴らすためにはペダルに足を乗せるだけではどうにもならず、自然と『踏む』意識を持つことができるんですね。

 

これが結構大事で、意識的に左足を使ってあげることでハイハットの方でも応用が利くようになり結果的に表現力も増していくわけです。

 

③シングルペダルとして代用できる

ツインペダルは二つのシングルペダルをシャフトで繋いでいるものなんですね。

つまり曲によってシャフトを外してシングルペダルとして使用することもできるんです。

 

ツインペダルを持っているだけで叩ける曲の選択肢が広がるので正直買わない手はないですよね。

 

デメリット

①お金がかかる

シングルペダルに比べるとやはり少し高めです。

シングルペダルだと1~3万円くらい。

ツインペダルだと3~5万円の印象です。

 

とはいえ、ギターやベースに比べれば全然大したことない値段ですよね。

非常にリーズナブルです。

 

②重い

ツインペダル最大のデメリットはここなんじゃないかなと僕は思います。

とにかく重い。

持ち運びが不便で嫌になります。

大体5キロ弱くらいだったかと思います。

 

ツインペダルは大体の商品が手で持つタイプのものですよね。

ギターやベースみたいに方で背負えるものがあれば便利なんですけどね…

 

まとめ

・先のことを考えると楽
・上達が早くなる
・持ち運びは不便

大体こんな感じです。

 

ツインペダルに限らず、ペダルはメーカーや商品によって感触が全然違うのでレビューをよく読んだり試打などをして自分に合ったペダルを探しましょう。

 

ちなみに僕はDW5000のツインペダルを使っています。

踏みごたえがあるペダルが好きだという方にはオススメです。

 

それではまた。