ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

いい習慣を身につける方法『呆れるほどに小さな1回』

f:id:dd-hamaji:20190127152358j:plain

今回は習慣についてのお話です。

勉強や運動、ダイエットや読書など習慣化させたいことは誰しもあるかと思います。

何か新しく習慣を身につけたいと思った時にどうすればうまくいくのかお話しします。

何事も小さなことからコツコツと、です。

 

習慣化のコツ

最初に結論から言うと、まずは自分でも呆れるほど小さな1回から始めてみようという話です。

人間の脳は急激な変化を嫌うので少しずつ脳に小さな1回を脳に慣れさせることで習慣化させていきましょう、というわけです。

 

最初から大きな目標を立てて自分に厳しくしてもしんどいだけですし長続きは難しいんじゃないかなと思います。

自分でも呆れるほど小さいハードルを設定しておくことで気持ちも楽になりますし、なんかできそうって思えますよね。

 

具体例

健康になりたいから筋トレを習慣づけよう!
よし、まずは腕立てを1回から!

 

こんな感じ。

 

先ほども言ったように、脳は急激な変化が嫌いで慣れが好きなので最初は小さくても大丈夫なんです。

これくらい最初のハードルを下げておけば気持ちも楽ですよね。

 

でも1回だけじゃ少なすぎない?

それでいいんです。

最初のハードルを低く設定しておくと徐々に2回3回って増やしたくなりますよね。

それを継続していくと気がついたら習慣になっていくんです。

 

回数が徐々に増えていく=自分の成長を実感することがモチベーションアップにつながっていきます。

何事も成長が実感できないと楽しくないですし3日坊主になっちゃいますよね。

 

何かを新しく始めようとするときは最初が一番しんどいんですよね。

その最初さえ乗り越えてしまえば後は何も考えなくても勝手に動いてくれます。

 

自転車だって最初の一漕ぎが一番しんどいですし、重いものを持つときだって持ち上げるまでが一番しんどいですよね。

 

勉強なんかでも全く同じで、最初の5分間は嫌で嫌で仕方がないけどいざやりはじめたら自然と時間が経過していますよね。

そういうわけです。

 

注意点

ここで注意点を3つ書きます。

①意識的に量を増やそうとしない
②習慣化させるのは1つずつ
③いい習慣だけに取り組む

それぞれ具体的に説明していきます。

①意識的に量を増やそうとしない

最初に1回からスタートさせましたよね。

ここで自分を過信して意図的に明日から10回にしようと変更させたらどうなると思いますか?

恐らく3日くらいは続けられると思いますが、徐々に面倒くさくなってせっかく続いていた習慣がストップしてしまうと思います。

 

習慣は無意識レベルでの出来事として捉えておくことが大事です。

徐々に脳に習慣として慣れさせることが重要なので、あくまでも自然に回数がエスカレートしていくのがベストです。

上限を増やすのはいいことですが、最低ラインを一緒に引き上げるのはあまりよくないので気をつけましょう。

②習慣化させるのは1つずつ

ハードルを低く設定したからといって始めのうちからあれもこれもと手を出しすぎると結局作業量が増えてハードルを低く設定した意味がなくなっちゃいますよね。

自分ならできると過信するのはよくないです。

 

身につけたい習慣を1つずつ自分の生活に取り入れていくことが大事です。

1つ習慣として身について自分が意識しなくても自然と行えるようになってきたら、その時に何か新しいことに挑戦していけば無理なく継続していくことができるんじゃないかなと僕は思います。

③いい習慣だけに取り組む

わかりやすい例でいうと間食や夜更かしなど、自分にとってあまりよくないことでも気がついたらそれが習慣化してしまっているというのはよくありますよね。

ついつい食べてしまう、ついつい寝る前にSNSに熱中してしまう、これが続くともう立派な習慣化ですね。

 

良いことも悪いことも習慣化されてしまうので、気をつけていきましょう。

 

おまけ

悪い習慣を変えたい場合は習慣を断ち切るのは難しいので代わりとなる新しい別の習慣にすり替えてあげるのがコツです。

具体例

・おかしを食べたくなったらガムを噛む

・SNSをしたくなったら本を読む

こんな感じです。

 

まとめ

ざっくりまとめるとこんな感じです。

・まずは小さな1回から始める
・意図的に負荷を上げずあくまでも自然に身を任せる
・1つずつ習慣化させる
・いい習慣にだけ取り組む

 

小さなことからコツコツと始めてよりよい生活を送りましょう。

それではまた。