ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマー(予定)が音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【初心者向け】難しい曲をコピーする時の簡略化のコツと絶対にやっちゃいけないこと【バンド】

f:id:dd-hamaji:20190127151837j:plain

曲のコピーはできたけど難しいから簡略化をしよう…

簡略化ってどうすればいいんだろう…

こんなこと疑問にちょっとでも力になれたらなと思います。

意外と意識できていない人もいるかもしれないので興味がある人はぜひ見てください。

 

簡略化のススメ

初心者であればあるほど完コピしようとしてうまくいかないってことがあると思います。

完コピしようと思えば思うほど曲のコピーに時間がかかって面倒くさく感じたり挫けそうになったり、音楽を楽しむことができず苦痛に感じたり…

 

それってすごくもったいないことだと思うんですよね。

バンドって楽しいし初めて曲をコピーできた時の達成感を忘れてほしくないんですよ。

 

そんな気持ちでやっていると曲をコピーすることが義務になってしまうと長く続かないと思います。

まずは楽しいと思うことが長続きのコツでもあり上達への近道になるんです。

初心者のうちだからこそ、一曲完コピすることに義務感を覚えずに気軽にコピーしちゃいましょうっていうのが僕の持論です。

 

その後のモチベーションにもつながるので、ぜひ簡略化はダサいとか完コピにこだわっているプライドは捨てて簡略化をしてみましょう!

 

自分ではちゃんとコピーできているつもりでもバンドで合わせると意外と弾けていないものです。

結果的に他のメンバーに迷惑をかけることにも繋がってしまうんですね。

こうならないためにも簡略化をオススメします。

 

簡略化のコツ

実際の簡略化のコツは曲の雰囲気を壊さないことです。

 よくわからないと思うので解説していきますね。

 

例えばベースで難しいフレーズがあったとします。

その難しいフレーズを全部弾こうとするとリズムがボロボロになって弾けないですよね。

そうならないためにルート音だけを刻む、みたいな感じです。

 

ドラムだったらバスドラムの数を減らしてみたりしてもいいと思います。

例えばドンタンドドタドッドタンドドタンみたいな基本のリズムがあったとして、バスドラムのダブルが踏めないとしましょう。

 

そうなったらドンタンドンタドッドタンドンタンみたいな感じで減らしたり。

裏でバスを入れるのが難しかったらドンタンドンタンッタンドンタンみたいな感じです。

 

ハイハットを8分で刻むのがしんどかったら半分の4分にして刻むのも全然アリだと思います。

僕もよくこれはしています、オススメです。

 

 

無理に全部を再現するのはしんどいのでまずはこんな感じで簡略化をしてましょう。

楽器歴を重ねていくうちに自然とできるようになってきます。

 

その時に、これだけできるようになったんだっていう自分の成長を感じるのが今後のモチベーションアップにつながります。

 

簡略化をすることで結果的に上達につながるので某知恵袋なんかでブツブツ言っている40代のおじさんたちの言うことは無視してもらっても大丈夫です。

 

絶対にやっちゃいけないこと

ここで簡略化をする際に絶対にやっちゃいけないこと、気を付けてほしいことがあります。

特にリズム隊は意識してください。

 

それはリズムパターンを簡略化するときは絶対にバンドメンバーに報告をすること。

これ、超大事です。

 

いいですか?

リズムパターンを簡略化するときは絶対にバンドメンバーに報告しましょう。

 

具体例を挙げます。

ドンタンドドタドッドタンドドタンというリズムをドンタンドンタンドンタンドンタンというリズムに簡略化したいとします。

そうしたら必ず他のメンバーにそのことを伝えましょう。

 

バンドで曲を合わせることになった時に一人だけ浮いちゃいます。

リズムパターンが一人だけ違うと演奏中めちゃくちゃ気持ち悪いです。

 

なので、必ずメンバーに伝えてみんなで曲を作り上げていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

曲を簡略化することは恥ずかしいことでも何でもないです。

完コピにこだわってバンドで合わせた時に曲が崩れる方が恥ずかしいです。

自分には無理だと思ったら素直に簡略化しましょう。

 

とはいえ、完コピできるに越したことはないのである程度上達が見えてきたらもう一度完コピに挑戦してみましょう。

もしできるようになったらの成長を思いっきり喜んで自分をほめてあげてください。

 

楽しい音楽ライフを送れるよう応援しています。

 

それではまた。

t.co