ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【初心者向け】僕なりのギター、ベース、ドラムの耳コピのコツ【バンド】

f:id:dd-hamaji:20190127151743j:plain

僕流の耳コピ論をサクッと伝えます。

主に耳コピ初心者向けの記事になるので、中級者以上の人は「こいつなんか言ってらw」みたいに鼻で笑ってください。

 

単音はいけるけどコードになると同時なっている音の数が増えてムリ

音が低すぎてベースの耳コピ詰んだ

そもそもドラムの構造がわからん

 

 

 

ギターの耳コピのコツ

出だしであんなこと言っちゃったんですけど、正直ギターの耳コピは他の楽器に比べるとそこまで自信はありません

はい、ではまずギターの耳コピのコツからいきますね。

最初に結論を言うとコードの種類を知ろうって話です。

 

「は?何言ってんだこいつ」って思った人は恐らく感覚でどうにでもなっちゃう人なので飛ばしてもらって結構です、はい。

ここで僕が伝えたいのはすべてのコードの種類を丸暗記しろって言っているわけじゃなくて、ある程度使われているであろうコードを知ろうぜってこと。

 

例えば〇〇っていうバンドの△△って曲をコピーしようってなったらYouTubeやGoogleで「△△ 弾いてみた」「△△ コード」って検索しますよね?で、見つからないと。

 

そんな時はそのバンドの他の曲で検索してみよう。

「〇〇 コード」で検索して複数ヒットした場合、そのヒットした曲たちのコードを一通り眺めてみてください。

するとある法則性が見つかると思うんですよ。

「あれ?このコードよく使われてるな」とか「よくわかんないけど、あのコードと形が似てるな」とか。

 

コレなんですよ!!!!!!!!

絶対ではないですけど、大体のバンドは似たようなコードで曲を作っているんですよね。

そのコードをパクってコピーしようとしている△△の曲に当てはめてみると大体うまくいきます。

 

そもそも〇〇ってバンドが無名すぎて検索しても何も見当たらないってときはそのバンドに似た雰囲気の曲を作っているバンドのコードや弾いてみた動画を探して参考にしてください。

めちゃくちゃ難しいことをしているようなバンドじゃなかったら大体がこの方法で解決できます。

 

とはいえ、細かいところで多少は違っていたりするのであしからず。

んで、この方法を試していくとなんとなく曲に使われているコードの型が身についてくると思います。

それが身についちゃえばあとはヌルゲーなので正確な耳コピに挑戦してみてください。

 

ルート音ってなに?って人はググりましょう。

それ以外にも某サイトに載ってるコードを見て自分で弾き語りをしてみてコード感を養ってみたりしてみるといいかもですね。

ちなみに僕は最初の頃はスピッツとかコピーしてみてメジャーとマイナーの組み合わせの法則みたいなやつを身につけました。俗に言うスケールっていうやつです。

 

実践的なコツを言うと、ルート音を拾ってコードを当てはめる位置を確定させましょう。

その次にさっき見つけてきた似てるなっていうコードを当てはめていくって感じですかね。

 

最初のうちは苦戦すると思いますけど、慣れてくると本当に楽になるしギターの耳コピさえできればベースもドラムも余裕になると思います。

 

ぶっちゃけコードって脇役に回ることが多いからそんなに正確じゃなくてもいいかなっていうのが僕の持論です。特にバンドに2人ギターがいるときとか。

なので自信を持って弾いてみましょう。

 

次、いきましょう。

ベースの耳コピのコツ

ベースの耳コピって結構しんどかったりしますよね。

音低いし、曲によっては結構動くし。

でも慣れれば案外なんとかなるので頑張りましょう。

 

ベースの耳コピのコツは法則性を探すことです。

 

ギターの耳コピのコツと結構被るんですけどそのバンドの使うベースラインのクセ、コード進行の法則性さえわかっちゃえば結構耳コピしやすいんじゃないかなと思います。

 

具体的な方法はギターの方でも説明した通り〇〇ってバンドの△△以外の曲で検索してヒットした曲から進行とかベースラインの傾向を掴む。

んで、当てはめていくって感じですかね。

 

何よりまずはルート音を見つけることが最優先ですけどね。

ルート音がわからないという人はググりましょう。

 

これもやっぱり最初は苦戦すると思うけど結局慣れですね。

慣れてしまえばあとはこっちのもんなんで頑張りましょう。

 

ドラムの耳コピのコツ

ドラムの耳コピは他の楽器と比べてかなり難易度低めです。

だって音が鳴る部分が限られてるじゃないですか。

 

基本的なドラムセットだとバス、スネア、ハイハット、ハイタム、ロータム、フロアタム、クラッシュシンバル×2、ライドシンバルですかね。

これを踏まえたうえでコツ、いきます。

 

ドラムセットを実際に叩いてみることです。

なめとんのかと思った人はすみません。

 

でもドラムの耳コピがよくわからない人はまだどこを叩くとどんな音がなるのかをわからないことが原因だと思うんですよね。

 

ドラムの音がなる部分はさっきも書いたように8つとかそんなもんです、最近のバンドだとロータムをセッティングしていないバンドも多いのでこんなもんです。

 

各パーツの音は理解しているけど…って人にもう一個コツを教えます。

ズバリ、パターンを覚えることです。

 

ドンタンドドタンとかドンタンドドタドッドタンドドタンとかいうアレです。

ドラムはギターやベースと違ってコード進行やスケールっていう概念がないので覚える量が圧倒的に少ないんですよね。

なので割と誰でもすぐ耳コピできるようになる気がします。

 

基本的なエイトビートはコピーできるけどフィルインが…って人は基本的な基本的なフィルインを知りましょう。

 

これもギターやベースの時に説明したようにネット上にアップされている叩いてみた動画などを参考にしてみると理解が深まると思います。

 

ドラムは譜面で覚えるよりも圧倒的に見て覚える(イメージで覚える)楽器だと思っています。

僕の中でのドラムは楽器というよりもダンスと捉えています。

これについても今後解説していきますね。

 

まとめ

耳コピのコツを楽器別に解説してきましたが、結局のところどれも共通していて音に慣れることなんですね。

 

例えば、英語は聞き取れないけど日本語は理解できますよね?

それって僕たちが日本語を知っているからじゃないですか。

英語に慣れていない僕らはリスニングとか全く分からないのは英語を知らないから聞き取れない(耳コピできない)んだと思います。

 

なのでその楽器がどんな音を鳴らすことができるのかを知りましょうね、慣れましょうねって話でした~~。

 

 

あ、一番大事なことを忘れていました。

最初から一音一音正確に耳コピしようとすると意味が分からなくなるのでまずは何となくでいいから耳コピをするという行為に慣れましょう。

 

「こんな俺でも耳コピってできるんだ!」「初めて耳コピできた!楽しい!!」っていう成功体験の積み重ねが今後の成長につながります。頑張っていきましょう!!

 

t.co