ふくたのブログ

商業高校→国立大学→プログラマーが音楽・勉強・ブログ運営について書きます

【初心者必見】スラップをマスターしたいベーシストへ捧げる記事【ベース】

f:id:dd-hamaji:20190127151444j:plain

ベーシストの永遠の憧れといえばスラップですよね。

そもそもスラップとはなんぞや?

何種類かあるけどどのスラップをすればええんや?

どんな練習をすればええんや?

などに一個ずつフォーカスしていきたいと思います。

 

 

1.スラップとは

そもそもスラップとはなんぞやというところから入りたいと思います。

既に調べたことがある人はなんとなくわかるかと思いますが、親指で弦を弾くサムピング人差し指(中指)で弦を引っ張るプルの2つを組み合わせた奏法のことをスラップ(チョッパー)奏法と言います。

このサムとプルだけでも成り立ちますが、この2つだけだとなんかしっくりきませんよね。手を出してみたことがある人ならなんとなくわかるかと思います。

スラップがすごい人はサムとプルにプラスしてゴーストノートという奏法も取り入れています。

ゴーストノートを取り入れることで実際の右手の動き以上の音数を稼ぐことができて「なんかわからんけどすげえことしてる」を表現しているんです。

なんかすげえ感を出すにはサムやプルよりもゴーストノートが一番大事だと僕は思います。

他にもハンマリングプリングなども組み合わせることで表現力は無限大になっていくのがスラップの良さかなと思います。 

 

弾いてみた動画でえげつないスラップをしている人は一見すると何をしているのかサッパリわからないかと思いますが、やっていることはみんな一緒なんです。

 

一度スラップの構造を知ってしまえばある程度のところまでマスターするのはヌルゲーなのかなと言うのが僕の主観です。

 

2.種類別の用途

スラップには大きく分けて2種類あります。1つが手をグーサインにしてスラップをする振り抜き型、もう1つが手をパーにして親指を下にしているフリー型のスラップです。

それぞれの奏法の使い分けや用途、メリット・デメリットをここから紹介していきます。

振り抜き型

振り抜き型のスラップはRADWIMPSの武田さんやゲスの極み乙女。の休日課長がよく使うスラップです。その2人の演奏を聴いているとわかるように、振り抜き型の特徴はグルーブを出しやすいことが挙げられます。

というのも、フリー型と比べると自由に手を動かすことができるのでサムやプルを自在に組み合わせることができますし細かいことがしやすいです。

一般的なオクターブ奏法でスラップを用いるときは圧倒的に振り抜き型の方がやりやすいですね。

ただ、この奏法はベースの位置を高くしておかないといけないことや右手のミュートがしづらいことが欠点かなと思います。

何よりフリー型より難しい(僕の主観)ので最初でつまづく人が多い気がします。

 

フリー型

フリー型はレッチリのフリーがよく使っていた奏法です。手をダラーっと下におろしているのが特徴的なフリー型は振り抜き型よりも素早いフレーズを出しやすいのがメリットです。

他にも右手のミュートがしやすかったり習得がしやすいなどフリー型からスラップに入る人は多いんじゃないですかね。見た目が派手なのでかっこいいですし。

 

フリー型はベースの位置が高いとかなり窮屈で演奏しづらい点とオクターブ奏法と相性が悪いのが欠点です。

グルーブの出しやすさも振り抜き型に劣っていて使える場面が限られている印象です。

 

2つの奏法を挙げてきましたが、上手な人だとどちらも会得していてフレーズによって奏法を使い分けているのでどちらも習得しておくのがベターでしょう。

 

3.練習法

これは素直にYouTubeでよく上がっているスラップ講座の動画を見て学ぶのが一番手っ取り早いでしょう。

ギター講師の瀧澤さんのスラップ動画や弾いてみた奏者のOKさんのスラップ動画がわかりやすかったのでオススメです。


ベースレッスン【超初心者のためのスラップ講座】1/4

 


【講座】ベースのスラップ奏法を解説してみた

 

4.何のためにスラップをするのか

コピーする曲の中にスラップがあったなら取り入れてもよいでしょう。

ここで僕が言いたいのは、スラップが入っていない曲にスラップを取り入れる際に本当にそれは必要なのかということです。

スラップはかっこいいですしベースを目立たせるには手っ取り早いですよね。

でも既に他のパートが主張していた場合に、そのスラップを入れることで本来ベースが果たすべき役割を果たすことができず曲が成立しなくなってしまうことがあるんです。

 

正直無理にスラップをする必要もないんじゃないかというのが僕の考えでして、そのスラップはこの曲に必要なのかと自分でよく考えて取り入れるのが良いかと思います。

この辺は曲のジャンルにもよるので曲の雰囲気に合わせていくのが吉です。

 

弾いてみた動画なんかでこの現象はありがちで、単純に俺スゲーって動画にしたいのであればスラップもタッピングもなんでも取り入れていいと思いますがそうでない場合はよく考える必要があります。

 

5.まとめ

・サムとプルの組み合わせ=スラップ(チョッパー)

・ゴーストノートが重要

・振り抜き型とフリー型がある

・その場にあったスラップを取り入れる

 

こんな感じです。

スラップはかっこいいですけど自分の役割を考えてスラップをしたいものですね。

スラップは結構うるさいので全体を見て客観的に判断をして取り入れましょう。